休場の時は急な値動きに注意する

カレンダー上の祝日などでどこかの国の市場が休場があると全然相場が動かないことがあります。
特に個人投資家と取引所の間に証券化会社が入るような店頭FXの会社では、取引する人が同じ証券会社内の投資家同士でまた減るので、余計に動きが重くなります。
こういうときは無理に取引しない方がいいです。
というのもこの間に大きなニュースが流れると同じ時間帯で開いている他の市場に資金が流れて偏った注文が出てきます。
すると一方的な値動きで急騰したり急落したりします。
こうした流れは一時的なもので休場が明けた翌日には元に戻るケースが多いです。
つまり小さい市場に通常処理できないような大きな注文が入ると一時的にパニックになり、ロスカットを誘発するような事態になりやすいのです。

これはこの原理に近いと考えています。
通常ならば対処できる注文にキャパオーバーが起きているのです。例えば週明け朝市の東京やシンガポールが開く前のオセアニア市場で、ヘッジファンドによる新興国通貨の強烈な売りが入ると一方的な展開で急落します。
これがロスカットを含めた強制的な売り注文が更なる売りを呼び、パニックになるのです。
そして十分下げたところで今度は買い戻しによりヘッジファンドは利益を上げます。
こうしたことが円をからめた通貨で何度もあり、私も損失を被ったことがあります。
初心者の方はそういった判断が付きにくいのもあると思います。

いくつかのツールを上手に活用している方もいれば、特にツールには頼らずに己の経験や予想を武器に取引している方もいます。
なかなか調子が出ない、思ったように利益を上げることができない方はFX売買シグナルを取り入れてみてはいかがでしょうか。
出典:FX売買シグナルをおすすめする理由/FX売買シグナル検証速報

FXは株式よりもレバレッジをかけることが出来るので、少ない資金でも始められるのは良い点です。
しかし稼ごうと思うならば、株式よりも下準備が必要になるでしょう。
為替の変動は円を軸にするにしても、ユーロを軸にするにしても、ドルの影響を受けるからです。
つまり市場動向のチェック項目が株式よりも遥かに多いのです。
東京市場とロンドン市場では資金量の規模が異なります。

またニューヨーク市場ではダウの流れも絡んできます。
特に難しいのがロンドンとニューヨークの両方の市場が重なる数時間です。
どちらの経済指標の結果でもドルユーロは大きく振れるので、その他の為替レートも引っ張られます。
つまり取引している国の通貨だけでなく、関連する主力通貨の影響を少なからず受けるのです。

なぜこのような結びつきはあるのかというと、例えば円と南アフリカランドに場合、換金するのに間にドルが入ります。
つまり円ドルとドル南アフリカランドのキャリートレードなのです。
なのでアメリカ経済が好調であればドルが強くなり、南アフリカランドから資金がアメリカへ移動しやすくなり、ランドの価値が下がります。

また南アフリカと日本は地理的にも離れており、貿易などの交流やお互いの経済圏が異なるため、経済的な結びつきが強くないため、為替においてはリスクが相反する関係です。
リスクオンならランドが上がり、リスクオフなら円が強くなります。

資産運用をしたくてFXに挑戦しています

株とFXは似通う部分があるなとFXを開始する前に感じておりましたが、FXを選ぶにあたって決定的な要素がありましたね。
FXは相場の下落に関しても勝負が出来るところがあり、これが私のFXを選んだ理由になりますね。
私と同じような考えの方も多くいらっしゃるはずです。
まだFXの扉すら開いておらず、やってみたいと考えているかたも多くおられると思います。
そこで、相場の下落時に勝負が出来るという点についてお話しします。
FXには通貨ペアと呼ばれ、例えば、米ドルと日本円といった最も多く取引されているペアがあります。

まず、レートが110円であったと仮定します。そこから入るとすると(ポジション保有といいます。)、上昇した場合にその差額利益を受けとるというもの、これは買い(ask)で入るといいます。
逆に下降時には、売りで入るということになりますが、何もポジションを保有していないときに売りというのは合点がいかないこともあると思います。
空のポジションを保有していると仮定し、そこから売りで新規のポジションを持ち、望ましく下降を辿ったときに、買いとして決済をするわけです。
取引画面には、売りが青色、買いは赤色で、Bid、 Askの表示がわかりやすくされていますのですぐに慣れることができます。
ボタンを押し間違って決済をしてしまうことってあるのでは?と不安な初心者のかたでも、決済時に確認ウインドウを表示する、などの親切設計も各FX会社の多くで標準装備しておりますので、安心できますね。

初めは会社員でもすぐに始められると聞いて、FXに挑戦をしていますがやはり難しいですね。
私にはあまりセンスが無いようですが、お金を増やしたい欲はあるので、しっかりと勉強をして少しでも上達したいです。
勉強をしたからと言ってFXは上達をするとは限りません。

難しい指標を理解し、分析することは容易な事ではありません。
その為にシステムやツールを使いこなしてみてください。
最近は頭のいいツールが多く、「今が売り/買い」を分析して教えてくれるようなものもあります。
そういったツールを取り入れる事によって勝率がグッと上がります。
>FXの売買シグナル<

しかしFXは投資でリスクがあることを理解して、やっていこうと思います。
同じ会社員の人達がFXで資産運用をしている人はたくさんいるようですし、私も将来のためにFXを頑張りたいです。

取引方法はもっぱらスマホのアプリでFXをしています。
大きく動いている時にトレードをするのはまだ怖いので、のんびりとした動きの時にトレードをして練習をしています。
すぐに売買を終わらせてしまうのでデイトレという手法になっているようです。
含み損になってしまうことに耐えられない初心者なので、長くポジションを持っていることが出来ません。
すぐに手仕舞いをしているのでリスクは少ないですし、このやり方でFXに慣れていきたいです。

ボリンジャーバンドと相性のいいテクニカル分析

ボリンジャーバンドを使っているトレーダーも多いと思いますが、ボリンジャーバンドだけで取引しているトレーダーは少ないのではないでしょうか。
ボリンジャーバンドは逆張り、順張りどちらにも使える手法でボックス相場でも利益を狙いやすいテクニカル分析です。

ボリンジャーバンドと移動平均線や一目均衡表、あるいはストキャスやRSIなど組み合わせることも出来ますが、私の経験上ボリンジャーバンドと一番相性のいいテクニカル分析はRCIだと感じました。
RCIは一本だけで判断せず、9、26、52の3本で判断します。

例えば、52が底で推移している時に9と26が上向きになったら買いサインとみています。
この時にボリンジャーバンドの-2σや-3σで推移していたら高い確率で+2σや+3σまで利益を狙えます。
逆にRCIにサインが出ていてもボリンジャーバンドの+2σや+3σで推移している時は見送るようにしています。
RCIの見方はトレーダーによって違うようですが、私はこの方法が一番勝ちやすいです。

投資はギャンブルなのか

投資をしらない人は投資はギャンブルと一緒と思っている人が多いです。
確かに何も予備知識なく投資をすればそれはギャンブルになるでしょう。

しかししっかりとリスクを減らすようにすれば投資はギャンブルではなくなります。
そもそもギャンブルと言う概念が確率論によってお金を賭けることを言うのであれば投資はお金を賭けるわけではないです。
つまり勝つか負けるかではないわけです。
ギャンブルは負ける人がいるので勝つ人がでるわけですが例えば不動産投資では家賃収入。
株式投資では配当金と企業の成長による株価の上昇。

これは不確定な要素は勿論ありますが負ける人がいるから勝者に配当がもたらせるというものではそもそもないわけです。
また投資はお金を集めて社会的に発展、成長をもたらすという側面も持ちます。
ではなぜ投資が危険なのかというと欲ばかりをみて投資の世界のギャンブルの側面に参加してしまう人がいるからです。
例えばスポーツの大会にあなたが出場したとしましょう。負けないためには優勝するしかありません。
しかしそもそも出場しなければ負けないのです。

株式投資は余裕を持って

投資と言えば株式投資が先ず思い浮かびます。
一部の人たちの世界だった株式投資ですが、今ではインターネットを介して誰もが気軽に参加できる投資対象として認識されています。
対応する証券会社もそれぞれ特色があり、自分の取引スタイルに合った会社を選ぶことも重要になります。

大事な資産を運用するのですから、それなりの知識は必要になります。ギャンブルと異なるのはこの一点にあります。
行きあたりばったりの投資はむしろギャンブルと言った方があたっているかもしれません。
余裕のある資金と心で投資するのが肝要です。そして世の中のあらゆるものの動向を冷静に分析する気持は大切です。
思うように株価が騰がらないときこそ、この冷静な分析が必要になります。

株式投資に参加すると株価は世界のあらゆる時事に対して密接に連動していることが分かります。
金融のダイナミックさを実感できるのも楽しいものです。世界経済の一端に参加している面白さを少しですが実感できます。

楽して儲けたいのでFXで勝てません

相場の値動きはいつもワンパターンではありません。
相場つきが異なれば、通用する手法もまったく異なってきます。
なので特に私のようなFX経験の浅い者の場合、過去に一旦身につけた技能のみでは相場で勝ち続けていくことなど到底できないのです。

FXに限らず様々な職業などでも一度身につけた技能をただ繰り返すだけというのはとても楽なことです。
一方、一度身についた技能を時に見直し、常に新しいものを身につけ続けていくのには不断の努力を必要とします。
厳しいFX相場で勝ち続けるために必要なのは、そういった改善を継続していく不断の努力なのだと思います。

ところが、体たらくな私には改善の努力ができません。
「なるべく努力をせず、楽して儲けたい」という欲求が強いため、今の相場で通用しない自分の中に身についた手法を使って相場に飛び込んでしまいます。
相場にある一定のパターンが現れると、自分を抑えられずつい大きなポジションをとってしまうのです。
その結果、損が出て口座のお金は減り続けるばかりです。
例えるならば、相場の勝者にカモにし続けられる“(怠け者の)パブロフの犬”のようなものです。