投資はギャンブルなのか

投資をしらない人は投資はギャンブルと一緒と思っている人が多いです。
確かに何も予備知識なく投資をすればそれはギャンブルになるでしょう。

しかししっかりとリスクを減らすようにすれば投資はギャンブルではなくなります。
そもそもギャンブルと言う概念が確率論によってお金を賭けることを言うのであれば投資はお金を賭けるわけではないです。
つまり勝つか負けるかではないわけです。
ギャンブルは負ける人がいるので勝つ人がでるわけですが例えば不動産投資では家賃収入。
株式投資では配当金と企業の成長による株価の上昇。

これは不確定な要素は勿論ありますが負ける人がいるから勝者に配当がもたらせるというものではそもそもないわけです。
また投資はお金を集めて社会的に発展、成長をもたらすという側面も持ちます。
ではなぜ投資が危険なのかというと欲ばかりをみて投資の世界のギャンブルの側面に参加してしまう人がいるからです。
例えばスポーツの大会にあなたが出場したとしましょう。負けないためには優勝するしかありません。
しかしそもそも出場しなければ負けないのです。