資産運用をしたくてFXに挑戦しています

株とFXは似通う部分があるなとFXを開始する前に感じておりましたが、FXを選ぶにあたって決定的な要素がありましたね。
FXは相場の下落に関しても勝負が出来るところがあり、これが私のFXを選んだ理由になりますね。
私と同じような考えの方も多くいらっしゃるはずです。
まだFXの扉すら開いておらず、やってみたいと考えているかたも多くおられると思います。
そこで、相場の下落時に勝負が出来るという点についてお話しします。
FXには通貨ペアと呼ばれ、例えば、米ドルと日本円といった最も多く取引されているペアがあります。

まず、レートが110円であったと仮定します。そこから入るとすると(ポジション保有といいます。)、上昇した場合にその差額利益を受けとるというもの、これは買い(ask)で入るといいます。
逆に下降時には、売りで入るということになりますが、何もポジションを保有していないときに売りというのは合点がいかないこともあると思います。
空のポジションを保有していると仮定し、そこから売りで新規のポジションを持ち、望ましく下降を辿ったときに、買いとして決済をするわけです。
取引画面には、売りが青色、買いは赤色で、Bid、 Askの表示がわかりやすくされていますのですぐに慣れることができます。
ボタンを押し間違って決済をしてしまうことってあるのでは?と不安な初心者のかたでも、決済時に確認ウインドウを表示する、などの親切設計も各FX会社の多くで標準装備しておりますので、安心できますね。

初めは会社員でもすぐに始められると聞いて、FXに挑戦をしていますがやはり難しいですね。
私にはあまりセンスが無いようですが、お金を増やしたい欲はあるので、しっかりと勉強をして少しでも上達したいです。
勉強をしたからと言ってFXは上達をするとは限りません。

難しい指標を理解し、分析することは容易な事ではありません。
その為にシステムやツールを使いこなしてみてください。
最近は頭のいいツールが多く、「今が売り/買い」を分析して教えてくれるようなものもあります。
そういったツールを取り入れる事によって勝率がグッと上がります。
>FXの売買シグナル<

しかしFXは投資でリスクがあることを理解して、やっていこうと思います。
同じ会社員の人達がFXで資産運用をしている人はたくさんいるようですし、私も将来のためにFXを頑張りたいです。

取引方法はもっぱらスマホのアプリでFXをしています。
大きく動いている時にトレードをするのはまだ怖いので、のんびりとした動きの時にトレードをして練習をしています。
すぐに売買を終わらせてしまうのでデイトレという手法になっているようです。
含み損になってしまうことに耐えられない初心者なので、長くポジションを持っていることが出来ません。
すぐに手仕舞いをしているのでリスクは少ないですし、このやり方でFXに慣れていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です